Viel Gluck

巨大食道症・てんかんと闘うEブルドッグと、心配性母ちゃんのドタバタ日記

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | -------- | comments(-) | TOP↑

≫ EDIT

抜糸

日中暑い時間に病院へ
暑いからてっきりすいているかと思いきや、すごい待ってる人!

やっとお兄ちゃんの番になり、横向きに寝かされた。
股間の方は完全にくっついているというので抜糸。
糸を切った瞬間、お兄ちゃんがビクッ。
そのあとも何をされるのかと目が恐怖の顔でした。
お腹の方も「切っちゃおうか」という事で抜糸。
お風呂は4.5日後からOKだそうです。

病理検査結果が来たけど、やはりセルトリ細胞腫でした。
まれに転移があるとの事。
症状は出ないそうなので、普段から気にしてみるしかないそうです。

スポンサーサイト

| セルトリ細胞腫瘍 | 2015-07-19 | comments(-) | TOP↑

≫ EDIT

手術

2015.7.11 お兄ちゃんのセルトリ細胞腫の手術
       お兄ちゃんの場合、巨大食道症や以前誤嚥性肺炎も起こしている事から麻酔が心配。
       病院に預ける際、先生からもその事を言われ、我慢していたが不覚にも泣いてしまった。

       帰宅しても何も手につかず、ジッとしていると辛すぎる。
       常に何かして時間を経つのを待つ。
       長い・時間が経つのが長すぎる。

       17時過ぎ-病院から手術が無事終わって、立ち上がってますよ・と連絡。
               ひとまずホッとしたけど、食道拡張の関係で誤嚥が心配。
               早く明日の朝になれ!

   7.12 朝一でお迎えに。
        酸素室に入っていた模様。父ちゃんと声を掛けると、目だけチラッ。
        再度声をかけると、やっと出てきた・・けど、またバックして戻った。オイオイ。

お兄ちゃんが帰ってきて何より。
あと、先生がお兄ちゃんのエプリスも取り除いていてくれました。
他の先生からは、切っても縫えないと言われていたので本当によかった。

帰宅してからは、顔つきがお兄ちゃんじゃない。
でも徐々にお兄ちゃんの顔つきに戻ってきました。
2日目位までは、麻酔の影響かご飯の入りが悪かったけど、食欲はある!

夕方のお散歩は八兵衛だけ・・と思っていたらお兄ちゃんも行く!とな。
無理をさせないようちょっとだけ歩かせておトイレをさせました。

  7.13 なぜか早起き。寝坊すけのお兄ちゃんがどうしたんだ??

IMG_1224+1.jpg

IMG_1226+1.jpg

縫った所は右下腹部と、股間の下の方。後は口腔内。
しばらくしてから、アザがだんだん広がってきました。
何だか痛々しいな。
早く治りますように。


| セルトリ細胞腫瘍 | 2015-07-16 | comments(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。