Viel Gluck

巨大食道症・てんかんと闘うEブルドッグと、心配性母ちゃんのドタバタ日記

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | -------- | comments(-) | TOP↑

≫ EDIT

行ってきました

今日は朝早く出たもんだから、大学病院へは、掃除のおばちゃんの次に早く着いた(笑)

9:30から問診
 やはり細かく聞かれたので、日記持参でよかった~
 坊主は、先生に好き好き攻撃でもう大変
 検査に連れて行かれる時も、さっさと行きやがった
 麻酔をかける時は、お知らせしますから・ということで待合室で待機。
 
お昼前~先生からの診断が・・
 2年前に、坊主を診てくれた先生だった。

 頭部のレントゲン
  鼻の部分もキレイだし、悪いものではないですよ

 顔から胸のレントゲン
  前に気管の事を言ったと思いますが(気管が細くて、麻酔はちょっと・と断られた先生)、これだけ太くなってます。
  これなら麻酔もいけますよ。
   食道拡張は、普通のレントゲンだけではわかりませんでした。
  前もそうでしたが、バリウム検査でわかった事ですから。

あとは、アレルギー検査鼻水の培養
これは、遅くても2週間位経たないと結果がわからないそう。

先生は、「わからないけれどもアレルギーかなぁ~
それか鼻炎か、犬種的なもの。」

どれも決定ではない。
3週間経っても、良くならなければ、麻酔をかけますが、断面(CT?)を撮りましょうとの事であった。

お薬も3週間分。
試しに、軽いアレルギーの薬(タベジール錠)と細菌の発生を抑制する抗生物質(クラリシッド)を処方された。
869+1.jpg


何だかはわからないけど、でも「悪いものではない」と言われたし、
何より、「麻酔はちょっと・」と言われていた先生に「これならいける」と言われたのが、とても安心をした。
もしも、次回麻酔をかけることになっても、もう大丈夫です

行きつけの病院で言われていた検査をしなくて、ホッとした~
食道の検査も必要ないんじゃないか・って。

次回の通院は、7月24日。


家に着いて、早速ご飯。
お腹いっぱいになると、さすがに疲れたのかお休みタイム
867+1.jpg


あと、問題です。
これは何でしょうか~
868+1.jpg

正解は~
坊主の鼻の一部です
カピカピお鼻が、まるで脱皮しているかのように、取れていた。
取れた後は、ツルツルお鼻
866+1.jpg

鼻の上の部分はまだゴツゴツ岩のような鼻だけど、このまま自然に取れてくれたらいいな。

皆さんには、ご心配とご迷惑をお掛けしましたm(_ _)m
本当にすみません。
私の心配性過ぎるのもダメですね。。。
あれだけバタバタしてお恥ずかしい位です。
でも悪いものじゃなくて良かった。
これに懲りずに、見守って頂けたらうれしいです。
心配して下さった皆様、本当にありがとうございました。
感謝します。


スポンサーサイト

| | 2007-07-06 | comments(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。